イタリア生活

【国際結婚】イタリア人と日本人の結婚!イタリア方式での婚姻手続き~北イタリア編

国際結婚 イタリア方式の婚姻手続き

日本人がイタリア人とイタリアで結婚する場合の必要書類申請方法など、実際に体験した イタリア方式での婚姻手続きをご紹介します。

イタリア人と結婚予定ですが、手続きが大変そうで不安。。。

そんな方のために、わたしがイタリア方式で結婚した時に行った婚姻手続きをご紹介します。

国際結婚というと、手続きが大変そうなイメージがありますよね。

日本人がイタリア人とイタリアで結婚する場合の婚姻手続きも、例外ではありません。

日本の婚姻手続きと比べると必要書類やステップが多く、やはり煩雑。

わたしが北イタリアで2015年に結婚した際の「イタリア方式での婚姻手続き」の流れはこんな感じでした。

イタリア方式での婚姻手順(役所婚)
  1. 該当市役所で必要な書類を確認(イタリアの市役所)
  2. 戸籍謄本を取得(日本で準備)
  3. 結婚要件具備証明書を取得(在ミラノ日本領事館)
  4. 大使館/領事館発行の書類に認証を受ける(イタリアの県庁)
  5. 市役所に書類を提出し、公示手続(イタリアの市役所)
  6. 市役所で挙式日を予約(イタリアの市役所)
  7. 結婚式(イタリアの市役所)

この記事を書くにあたって、当時のメモを読み返しているんですが、本当に大変でした。

でも、ひとつずつ進めていけば大丈夫。

イタリアに着いてから2か月弱で結婚式を行うことができました。

それでは、順を追って説明していきますね。

あくまで、わたしが結婚した当時の情報ですが、今後イタリアで結婚される予定の方は、よかったら参考程度に読んでみてください。

  • 2015年、北イタリアの市役所で結婚した際の流れです。
  • 手続きに必要な書類や手数料などは、当時のものです。
  • 市役所などの役所や担当者によって対応が異なる場合もあります。
  • 南イタリアの場合は、在ミラノ日本領事館ではなく在ローマ日本大使館が管轄となります。

イタリアの制度は頻繁に変わります。また、地域によって手続きが異なることも多いので、必ずご自身でご確認ください!

①イタリアの市役所で必要書類を確認

イタリアで結婚する市役所(Comune)に、婚姻手続きに必要な書類を確認します。

必要書類は、市役所によって異なるので、必ず事前に確認してください。

わたしは、まだ日本にいるときに、夫に確認に行ってもらいました。

市役所で渡された「外国人が結婚する場合の必要書類」メモの内容はこちら。

  • 在イタリアの大使館または領事館で発行された Nulla Osta「婚姻要件具備証明書(いわゆる独身証明)」が必要
  • 上記 Nulla Osta は、県庁で認証を受けること

*在ミラノ日本領事館の手順書には、「死別・離別のある方はその旨を市役所に伝えて、その他の必要書類を確認してください」とあるので、該当する方は注意してください。

②戸籍謄本を取得(日本で準備)

日本の戸籍のある役所で戸籍謄本(全部事項証明)を取得します。

大使館/領事館に結婚要件具備証明書を申請するために、発行日から3か月以内の戸籍謄本が1通必要です。

また、イタリア方式で婚姻後、日本へ婚姻届を提出する際に、戸籍謄本が2通必要となるので、合計3部必要です。

わたしは、念のため予備の戸籍謄本を1部、合計4部(「全部事項証明」と「改製原戸籍」)取得しました。

*「婚姻可能年齢以降の戸籍記載事項を確認する必要がある」ため、戸籍が改製されている場合は「改製原戸籍」、本籍を転籍された場合は「除籍謄本」が必要となります。

詳しくは、在ミラノ日本領事館/在ローマ日本大使館のサイト等で確認してください。

取得した戸籍謄本で証明書の発行ができるか、事前に確認することも可能なので、念のため問い合わせておくと安心です。

詳しくは在ミラノ日本領事館のサイトにてご確認ください。

③結婚要件具備証明書を取得(在ミラノ日本領事館)

在ミラノ日本領事館に必要書類を提出して、Nulla Osta(結婚要件具備証明書)を申請します

(南イタリアの方はローマの日本大使館が管轄になります。)

証明書申請に必要なもの
  • 戸籍謄本(発行日から3か月以内のもの)
  • 結婚相手の身分証明書(パスポート等のコピー)
  • 申請者本人のパスポート

証明書の発行は、通常申請から3~4日かかるそうです。

が、遠方に住んでいる場合は、当日発行してもらえます。

わたしもミラノまでは遠いので、前日に電話をして問い合わせてみました。

午前中に申請すれば、午後受け取ることができるとのこと。

夫と一緒に、10時に領事館へ行って申請、16時に証明書を受け取ることができました。

ちなみに、手数料は9ユーロでした。

領事館へ行く前には、必要書類の確認を兼ねて、事前に電話をして問い合わせるとスムーズです!

④領事館発行の書類に認証を受ける(県庁)

イタリアの県庁(Prefettura)で、日本領事館/大使館で発行してもらった書類に認証(Legalizzazione)を受けます。

認証(Legalizzazione)とは、日本領事館発行の書類が正式なものという証明です。

県庁での認証に必要なもの
  • 領事館発行の書類(結婚具備要件証明書など)
  • パスポート
  • 手数料:16ユーロの印紙(Marca da bollo)

担当者が分厚いファイルを取り出して、以前日本の方が提出した書類を見て、サインを確認していました。

領事館発行の書類の裏面にハンコを押してもらって終了。

手数料は、現金では受け付けてもらえません。

事前に確認しておかないと、県庁から出て印紙を買いに行く羽目になります。

*印紙(Marca da bollo)は、この後の手続きで何度も登場します。

必要なものや印紙代は、県庁や年度によって異なりますので、必ず該当の県庁に確認してください。

ちなみに、県庁での認証手続きには結婚相手は必要ないので、ひとりで行きました。

認証に必要なものや、受付時間を必ず事前に電話で確認しておきましょう。

⑤市役所に書類を提出し、公示手続きを行う(市役所)

結婚する市役所(Comume)に必要書類を提出し、公示手続を行います。

公示(Pubblicazione)とは、「このふたりの結婚に異議がある人はいませんか?」という手続き。

決められた公示期間を過ぎると結婚することができます。

公示手続に必要なもの
  • 県庁で承認を受けた結婚具備要件証明書
  • 本人のパスポート
  • 結婚相手の身分証明書(Carta d’Identità)
  • 手数料:16ユーロの印紙(Marca da bollo)

まず、市役所の婚姻担当課に必要書類を提出し、公示(Pubblicazione)手続を行いました。

担当者がおしゃべりしながら作業していたため、3回もタイプミス(夫の名前やわたしの名前など)があり、時間がかかりました。

また、公示期間は市によって異なりますが、わたしたちの場合は8日間でした。

以前(何年前までかは不明)は、公示書類を掲示板に貼りだしていたそうですが、現在は市役所のサイトに掲載される形式となっています。

手続きに必要なものを事前に確認しておきましょう。
また、証人も事前に選んでおくとスムーズです。

⑥市役所で挙式日の予約(市役所)

公示書類を確認後、挙式日を予約しました。

公示期間が終了してから挙式日を予約する市役所もあるそうです。

わたしの場合は、公示手続と同時に挙式日の予約をすることができました。

挙式会場は、市役所が一般的です。

市によっては有料で指定する美術館などを選ぶことも可能です。

わたしたちは、市役所で挙式することにしました。

また、イタリアで結婚する際には新郎新婦それぞれに証人が必要。

ということで、後日、証人の身分証明書を市役所に提出しました。

*新郎新婦や証人でイタリア語が分からない人がいる場合は、通訳をつける必要があります。

わたしのイタリア語は、日常会話レベルでしたが通訳はつけませんでした。

新郎新婦や証人でイタリア語が分からない人は、通訳が必要です。

⑦結婚式(市役所)

いよいよ市役所(Comune)での結婚式(Matrimonio)です

日時を予約していたとはいえ、市役所からは何の連絡もないまま当日を迎えました。

新郎新婦、参列者がぞろぞろと市役所の挙式会場に向かい、結婚式開始。

結婚式の流れはというと、

市長さんが結婚書類を読み上げて、新郎新婦、証人が返事をして、サインをして終了。

時間はあっという間、15分くらいでした。

わたしの場合は、参列者は夫の母親、証人の家族とこじんまりとした挙式でした。

挙式後、市役所を出たところで友人が待っていて、ライスシャワーを浴びました!

結婚後の手続き① 日本へ婚姻届を提出

イタリアの結婚式が終わったら、3か月以内に日本へ婚姻届を提出します。

この手続きは本当にスムーズ!

次回の記事で詳しく解説します。

結婚後の手続き② 滞在許可証の申請など

婚姻手続き、大変そうだけど順番に進めていけばなんとかなりそう!

無事に結婚できたところで、安心はできません。

イタリアに住むために必要な諸手続きが待っています。

  1. 滞在許可証(Carta di soggiorno)の申請
  2. 住民登録手続き
  3. 身分証明書(Carta d’Identità)の申請
  4. 納税者番号(Codice Fisicale)の取得
  5. 健康保険証(Tessera Sanitaria)の取得

特に、①の滞在許可証の申請&取得が大変でした。

これらも、別の記事でご説明していきたいと思います。

イタリアの教会で結婚することはできる?

役所婚の手続きは分かったけど、イタリアの教会で挙式することはできないの?

イタリアの結婚には、役所婚(民事婚)と教会婚(宗教婚)の2つの種類があります。

イタリアの教会では、カトリック教徒以外との挙式を行うことは難しいとされています。

個人の事情によりますが、日本人がイタリアで結婚する場合は、役所婚がほとんどだと思います。

また、教会での挙式を行うには、結婚準備講義を受ける必要があったり、かなりの準備期間が必要。

最近では、イタリア人同士の結婚でも、いろいろと面倒な教会婚ではく、役所婚を選ぶカップルが多いです。

とりあえず役所婚をしておいて、時間をかけて準備をして教会で挙式を行うというカップルもいますよ。

まとめ

イタリア人と日本人がイタリアで結婚する場合の、婚姻手続きをご紹介しました。

あくまでも、わたしが2015年に北イタリアで結婚した際(役所婚)の情報ですが、ひとつの例として、参考にしていただければうれしいです。

結婚に限らず、イタリアでの手続きは、

「役所」「担当者」「タイミング(日時)」

などにより必要書類や対応が異なることが多いです。

今回ご紹介した手順が当時のままとは限りませんし、同じイタリア国内でも地域によって異なることもあります。

必ず該当の役所に事前に確認してください。

イタリアでの手続きは、想定外のオンパレード。

途中で心が折れそうになることもありますが、めげずにがんばってください!