ブログ

【WordPress】初心者は見落としがち!「JIN」で子テーマをインストールする方法

JINの子テーマをインストールする方法

WordPressテーマ「JIN」でブログを始めるときに、忘れずにインストールしておきたい「子テーマ」についてご説明します。

WordPressのテーマをJINに決めました!テーマをインストールするときの注意点は?

という方は、参考にしてみてください。

 

わたしがブログを始めるにあたって、選んだテーマはJIN

いろんなサイトでおすすめのテーマが紹介されていますが、初心者でも使いやすいということでJINにしました。

おしゃれなデザインも決め手のひとつです

テーマをインストールして、悪戦苦闘しながら初期設定。

いくつか記事を書いたところで「子テーマ」というものの存在を知りました。

このたび、子テーマをインストールしたので、以下の流れでご紹介したいと思います。

  • JINのダウンロードと初期設定
  • 子テーマって?
  • JINの子テーマはどこでダウンロードできる?

WordPressのテーマで「JIN」を使おうと思っている方、すでにJINを使ってるけど子テーマをインストールしていない方は、ぜひ読んでみてください。

WordPressテーマ「JIN」のダウンロードと初期設定

WordPressテーマ JIN は、こちらのサイトから購入、ダウンロードができます。

【公式】WordPressテーマ「JIN」ダウンロード

ダウンロードは、初心者のわたしでも簡単にできました!

 

その後、テーマのインストールから初期設定まで、公式サイトにあるマニュアルを参考に進めていきました。

【公式】JIN設定マニュアル

こちらは、分からないことばかりで、なかなか大変でした。

実は、まだブログを始めたばかりのため、設定していない項目も多いです。

今後、いろいろと勉強しながら、徐々に整えていきたいと思っています!

親テーマ、子テーマって?

WordPressのテーマには、親テーマ子テーマがあります。

簡単にいうと、親テーマはオリジナル、子テーマはコピーといった位置づけ。

WordPressを使う時は、親テーマと一緒にインストールして、子テーマの方で作業を進めていくのが原則なんだそうです。

その理由はこちら。

  • 子テーマは、親テーマの機能やデザインをベースにした、カスタマイズ専用のテーマ
  • 親テーマがアップデートされた場合にも、子テーマでカスタマイズした内容は上書きされない

 

あれ?

わたしがインストールして使っているのは、JINの「親テーマ」!

あわてて子テーマをインストールすることにしました!

「JIN」の子テーマのダウンロードはどこからできる?

JINのテーマをダウンロードしたときには、子テーマはありませんでした。

マニュアルにも子テーマについての記載はなかったので、初心者は見落としがちですね。

そんな JINの子テーマ、わたしの探し方が悪かいのか、簡単に見つけることができませんでした。

そこで、「JIN 子テーマ」で検索してみたところ、ありました!

こちらです!

【公式】JIN「子テーマ」のダウンロード

子テーマをダウンロードして、親テーマと同じ手順でインストール⇒有効化すれば、子テーマを使うことができます。

「外観→テーマ」で、テーマを確認してみました。

左がJINの子テーマ、右がJINの親テーマ。

有効化されている子テーマは「有効」と表示されていますね!

JINの子テーマのインストールまとめ

初心者が見落としがちな「JIN」の子テーマについてご紹介しました。

幸い、わたしが子テーマをインストールする前に行った主な設定は、デザインの「着せ替え」と「外観」のカスタマイズのみ。

これらは、また最初から設定することになりましたが、いろんなカスタマイズをする前に気づいて良かったです。

JINでWordPressを始める方は、親テーマをダウンロードしたらすぐに子テーマをインストールしましょう

途中で子テーマをインストールすると、せっかく行った設定をゼロからやり直す羽目になります。

ブログを始めるなら、最初から子テーマを使って作業を始めていくのがオススメです★