イタリア生活

【北海水産】オランダからお魚をお取り寄せ!お刺身もうなぎも干物もおうちで好きな時に楽しめる!

北海水産でお取り寄せ!

今回は北海水産のお取り寄せレポートです。

そろそろ北海水産でお取り寄せしたお魚がなくなるので、今度は何をオーダーしようかな、と昨日サイトを眺めていていたところ。

もちろん、イタリアにもお魚屋さんはあります。

でも、お刺身とか干物とか、日本と同じようなお魚が恋しくなるときがあるんです。

そんな時にお世話になっているのが北海水産。

ヨーロッパ在住日本人にはけっこう有名ですよね。

初めてオーダーした時にどんな感じで届くのかなど不安もありました。

同じように気になっている方のために、お取り寄せした時の様子や、商品の感想をまとめてみます。

北海水産でお魚をオーダー!注文方法やお届け日は?

北海水産でお取り寄せしたお魚

オランダにある北海水産の商品は、オンラインでヨーロッパ各国から注文することができます。

地域ごとに配送料とミニマムオーダーが異なって、わたしの住んでいるイタリアではミニマムオーダーが150ユーロ。

前回オーダーした時は、配送料が35ユーロかかりました。

詳しくは北海水産のサイトで確認してくださいね。

地域ごとに毎月商品発送日や注文締切日が決まっているので、お祝いごとなどで使いたいときには注意が必要です(発送日は相談可)。

会員登録をすると、次回の注文締切日やお届け日などのお知らせが毎月届きます。

そういえば、会員登録をしたときに10%offの割引クーポンをもらいました。

現在でも割引クーポンがあるかどうか分かりませんが、最低150ユーロを注文するとなると、お得感がありました!

日本語対応のサポートセンターがあるので安心。

注文時に問い合わせをしたところ、対応が早く親切で、とても助かりました!

北海水産からの商品って、どんな感じで届くの?

北海水産から届いた商品

わたしの住んでいるイタリアへの配送はFedEx便。

オランダから飛行機に乗ってはるばる届くので、初めてオーダーした時は若干の不安を抱えながら待ちました。

(海外の宅配事情って、いろいろありますから。)

発送日に北海水産から「発送完了」のメール、続いてFedExからもメールが届きました。

その後は、FedExのサイトで随時追跡しながら待っていると、翌日のお昼に無事に到着!

北海水産のロゴが入った段ボールを開けると、発泡スチロールが入っていました。

発砲スチロールを開けてみると丁寧に紙に包まれたドライアイスがぎっしり!

北海水産の発泡スチロール

ドライアイスを外に出してみると、宝の山!

北海水産から届いた商品

商品の下にもドライアイスが敷き詰められていて、しっかり冷凍保存されたまま届きました。

念のため注文したものが入っているかを確認。

すると、注文していないはずのちくわが入っていました。

実は、ちくわはオーダーしようか迷っていたので、「結局注文したんだっけ?でも注文票に入ってない???」とブツブツいいながら裏返してみたところ、シールが貼ってありました。

北海水産のちくわ

なんと、ちくわは「お礼の品」でした!

美味しくいただきました!

北海水産大好き!わが家のお気に入り商品

北海水産でお取り寄せしたお魚

一時帰国ができずに日本のお魚(特にお刺身)が食べたくてたまらずにオーダーした北海水産の商品。

お刺身各種、明太子、うなぎの蒲焼、干物などを注文しました。

お刺身は、マグロの大トロ、ブリが特に美味しかったです。

明太子も最高!

もったいないので、少しずつカットして、炊き立てごはんに乗せていただいています。

わが家のイタリア人には、塩サバが大好評でした。

「サバはお魚屋さんにも売ってるしどうしようかな」と思ったけど、やはり違います。

わたしの(豪華版)朝ごはん用にはアジの開き。

どれも簡単に焼けるので助かります。

北海水産のリピート確定商品と今後頼んでみたい商品

これまで食べた北海水産の商品はどれも美味しかったです。

夫も「明日、北海水産食べようよ」(←何でもいいのか?)と言うほど、北海水産がお気に入り。

わが家のリピート確定商品はお刺身各種、塩サバ、アジの干物、明太子。

ロシアスーパーでもたらこ缶が買えますが、やっぱり明太子は味が違います。

そして、今後頼んでみたい商品は、練り物などの加工品。

加工品もいろいろありますが、まだ購入したことがないので食べてみたいです。

(おまけのちくわは、磯部揚げにしていただきました!)

特に、おでんセットはこの冬頼んでみたいなと思っているところです。

北海水産をオーダーする時の注意点

最後に、北海水産をオーダーするにあたっての注意点を3つ。

  • ミニマルオーダー以上の金額を購入する必要がある
  • 保存場所=冷凍庫の場所の確保
  • 発送日と注文締切日が決まっている(相談可)

地域によってミニマルオーダーの金額は異なります。

イタリアの場合、ミニマルオーダーは150ユーロ。

最初は150ユーロ以上も注文しなきゃいけないの?と思いました。

でも、欲しいものをカートに入れていくと、あっという間にオーバーするので心配いりません。

ただ、一定額以上を購入するとなると、保存場所の冷凍庫のスペース確保が必要になります。

わが家では、いつでもオーダーできるように、2台目の冷凍庫の一部は北海水産コーナーになっています。

また、発送日と注文日締切日は地域ごとに毎月決まっています。

相談もできるようですが、お祝いごとなどに使いたいときには、次回の発送日を確認して間に合うようにオーダーすると安心です。

北海水産のお魚があれば、食べたいときに冷凍庫から出して使えるのでとっても便利。

日本の味をいつでも好きな時に味わえるのはうれしいです★